渋川ロータリークラブ
トップページ 会長年度方針 クラブ紹介 各種委員会 活動紹介 トピックス

会長年度方針
渋川RC会長
不易流行(継続と変革)
明日につなぐ地域と仲間!
渋川ロータリークラブ
2019−2020年度会長 浦野 忠夫

 今年は平成から令和に元号が変わる新たな時代の幕開けの年であり、こうした特別な年に会長に就任し、大変身の引き締まる思いでございます。

 素晴らしい伝統を築き上げてくれた諸先輩の良き功績を継続し(不易)環境変化に応じて変革する(流行)事を率先し、明日につながるよう全会員で共に考え、共に行動し地域と渋川ロータリークラブ発展の為にクラブ運営を目指します。

 今年度マーク・ダニエル・マローニーRI会長は力強いロータリーを築く為、お互いの違いを超えて地域社会のつながりを広げる為、テーマを「ロータリーは世界をつなぐ」としました。
 地区スローガンは「クラブ イノベーション −クラブの将来像を明確にしクラブ改革を実践しよう−」でありRI、地区、クラブすべてにテーマが連動しております。

 今年度は地域の明日のために十数年来続いている社会奉仕事業を財団地区補助金事業と連結させ中学生を対象に「未来を担う君たちへ〜マナーは思いやりの心から」(仮題)と題しマナーや礼儀作法の大切さ、ロータリアンの卓話を通じて将来の職業観を肌で感じてもらうためのテーブルマナー教室を開催します。

 また、今年度はクラブ管理運営チームを新設します。その目的の1つは、年間の事業計画を遂行する中で、実績を振り返り、より良い内容を検討し、次につなげていくことです。そして何より大切なことは、新たなチームを発足させることで会員相互のご苦労を分かち合える場を設営し、絆を深め、モチベーションを高めながら、運営しやすい組織再編を考える機会を設ける為です。
新チームでの活発な意見交換に期待するとともに、最重要課題である地域とのつながり、会員とのつながりを通じて、会員増強に本腰を入れてクラブの成長を考えていきたいと思います。


【クラブ重点項目】
1.

会員基盤の強化
会員増強と退会防止のため増強研修チームと研修リーダーが一丸となって進行する。

2.

クラブの運営
クラブ管理運営チームを中心に楽しいクラブ作りに努め、世代間交流を深め各種事業を成功させる。

3.

社会奉仕事業
地域とのつながりを深め次年度に引き継ぐ。

4.

公共イメージの向上
地域におけるクラブの存在価値を高めるため、計画的に広報活動を行う。

5.

奉仕プロジェクト
ロータリー財団、米山奨学、ポリオ撲滅、ニコニコボックス等を積極的に推進し地区目標を達成する。

6. クラブ定款、細測、諸規定の改定を検討する。

このページの先頭へ

渋川ロータリークラブ事務局
 〒377-0008 群馬県渋川市渋川1695-10 群馬銀行渋川支店内
電話:0279-23-7766 FAX:0279-23-7080

(C) 2006 渋川ロータリークラブ.